大人なアトピー

症例メモ comments(0) - 高柳@身体分析家
小児アトピーはよく聞きますが、大人でもアトピーに苦しんでいる方は多くいますよね。

左が施術前、右は1ヵ月半後(6回施術)の写真です。しかも去年です。

背部アトピー

ヒスタミンの影響で、発症部位は皮膚が赤く少し腫れあがります。これは血管が拡張している影響です。
その反面、その他の皮膚は白く見えます。ヒスタミンが赤みのところに集まるので、他の部位は、血管が縮小して白く見えます。

右の写真はそのバランスがとれ、全体的に、良い色合いにかわりました。

スタート時点での薬は抗ヒスタミン剤の服用とステロイドの塗り薬だったので、
かゆみ止めはそのままで、塗り薬はやめてもらいました。

2回施術したところ朝の薬をやめても大丈夫になり、4回目にはかゆみ止めもいらなくなりました。
セルフケアとして片手バンザイをお願いしましたが、毎日は出来ていないとのこと。

で、約1年たちましたが、最近この患者さんに来てもらいました。結果は、アトピーが出ていない!
いいですね。繰り返しでていたアトピーが去年から消えているのです。
体調が悪い時は、少しカサカサする感じになるようですが、ひどくはなっていないとの事。

さてさて、このかゆみですが、寝るときや寝入りなど身体を横にしてリラックスすると、増えるかたが多いと思います。
それはリラックスして副交換神経が優位になると、血管が拡張してしまうので、ヒスタミンの影響で拡張しているところを
さらに拡張してかゆみ成分が多く発生してしまうからなのです。

ところが、筋肉をゆるめ、筋肉、筋膜をひろげ、流れがよくなると、かゆみが増すはずなのに、かゆみが収まってきます。
ヒスタミンの影響で、拡張している血管は、腫れているのですね。
良い意味で拡張する分には、流れがよくなるだけなのです。

ですから、施術中に一時的にかゆみが増えてしまう方もいますが、これは腫れが引いていないところに血管が拡張するためとおもいます。
結果的には血管が広がって安定すれば、かゆみもなくなってきます。

かゆみが強い人の場合、私の施術方針は、患部には触らない。 です。
やはり一時的でも増えてしまうと、不快ですからね。施術もどんどん全身をやっていくよりも、少しづつ体腔を広げ、2〜3分放置。
身体が慣れてきたら次の施術。というふうに時間をかけます。
とくにかきむしりなどで、表面が炎症している場合、やはりそこは触らないほうが懸命です。傷は、どんな事をしても治りません。
乾燥しないようにワセリンでも塗って放置が一番早いです。

その代わりその周りを丁寧に促します。

顔や首なら、肩や腕
肘の内側なら、手首と肩
背中なら、首と腰
などなど。それぞれ状況に応じて工夫していきます。

これは手術後や骨折の時も有効でしたが、周りを促すことで、傷の治りを高める事が出来ます。


〜施術メモ〜
筋ゆるは、大きくゆっくりゆらすと、表面の筋肉を緩めやすくなりますが、小さくゆっくりゆらすと、中へ浸透するのか、
かゆみが少なくなります。
ある程度、体腔を整えてから、筋ゆるをする事をおすすめします。


アトピーの方へ、皮膚の症状が出ているとそこばっかり気にしてしまいますが、他の状態は健康ですか?
胃腸はどうですか?鼻がつまったりしていませんか?首がこる感じになっていませんか?頭痛がでていませんか?
アトピーは皮膚だけの問題ではありません。総合的に視野を広げてみると解決の糸口がみつかると思いますよ。


 
BR神田均整院予約制

【別枠で開きます】お問い合わせフォーム
【別枠で開きます】ご予約フォーム

〇営業日 火曜日〜土曜日
〇営業時間 10:00〜19:00〈土曜日17時)
〇住所 千代田区内神田2-14-13 睨Д咼襭干
〇電話 03−6206−8106
ホームページ◆BR神田均整院◆



 

検証(パーキンソン)

症例メモ comments(0) - 高柳@身体分析家
パーキンソン病を患っている方にご協力を頂きました。

黒質細胞の変化によりドーパミンの減少でおこると言われているパーキンソン
リンパの流れを促すとどうかわるのでしょう。

ご覧下さい。



姿勢の変化は筋肉をやわらかく膨らますことで、変わるだろうという推測はたっていました。

歩行変化はいかに。


歩行も体腔を広げることにより楽に歩けるのも推測はたっていました。


問題は、これです。震えはいかに。


この患者さまが、施術中にふと寝てしまった時に、振戦がとまっていたのです。
レム睡眠なのか、ノンレム睡眠なのかの判断は脳波を計ったわけではないのでわかりません。

振戦は原因が特定されていませんが、抗コリン剤やLドーパなどのパーキンソン薬が処方されますが、
はたしてそれが必要なのか疑問が残ります。

ドーパミンが減少すると相対的にアセチルコリンが増えるから、ドーパミンを増やすかアセチルコリンを抑えるか
という判断のようですが、ここで疑問です。
通常、活動している時は、ドーパミンが増え、安静時はアセチルコリンが増えるわけで、寝た時は、副交感神経が優位になるため
アセチルコリンが増えるはずです。

ドーパミンとアセチルコリンのバランス不良で、振戦がおこっているならば、睡眠時にも震えていてもいいと思うのです。
まぁ、他にも小脳や視床の関係や、起きているときだけ、スイッチが入るペースメーカー的細胞がどこかにあるように思えるので、
これだけの判断では、特定できないのが現状ですが。

間質リンパが促されただけで、振戦が減った。この事実を研究所とかで、数値を測定できると、パーキンソン病も改善策が
明確になるように思えます。

医療関係者の方、パーキンソン病の方の体腔をひろげ、体内の組織液全般の流れを促してみてはいかがでしょうか?
流れる仕組みが整うといろいろな変化が出てきます。
 
BR神田均整院予約制

【別枠で開きます】お問い合わせフォーム
【別枠で開きます】ご予約フォーム

〇営業日 火曜日〜土曜日
〇営業時間 10:00〜19:00〈土曜日17時)
〇住所 千代田区内神田2-14-13 睨Д咼襭干
〇電話 03−6206−8106
ホームページ◆BR神田均整院◆

 

治りません!・・・だけど(脊柱管狭窄症編)

症例メモ comments(0) - 高柳@身体分析家
こんにちは。
当院は症状名につきまして、何も治りません。これは事実なので、「な・お・る」とは言えないのです。
では、どうなるかというと・・・。


今日は60代男性のお話です。

去年の春の事、定期的に通ってくださっている方からのご紹介で、はたから見てもおかしいくらい腰が曲がっている方が
こられました。

お話を伺うと・・・
10月くらいに腰痛が出始めて、病院で痛み止めやら消炎剤などをもらい服用。12月には、腰が曲がり始め

年があけて1月2月は激痛、4月に当院へ。

「病院で、脊柱管狭窄症と言われた。手術しか方法がありませんと言われ、でも仕事を休むわけにはいかないので、
なんとかして欲しい!」

との事。
しかしこの方、すごいんですよ。かなりの激痛で、立ってても座っても横になっても痛いんです。
楽な姿勢がないんです。すごいですよね。これで仕事いってるんですから。
立ち姿勢は、ほぼ前傾に60度。
50mくらい歩くと休まないと先に進めない。これって脊柱管狭窄症の特徴で、間欠性跛行といいます。

最初に姿勢のチェックをして、まぁ前傾なのはすぐに分りますが、後ろからみると、腰が右側にでっぱっています。
T11(胸椎11番)に捻れが生じているんですね。

一通り、お話を聞き終わると、その方のご希望は、
ーりますか?
⊆蟒僂呂靴燭ない。
(知人がこの症状で手術をして、半年たっても杖を使っているとかで、信用がないらしい)
仕事は休みたくない。
ぅ乾襯佞またやりたい。


ふむふむ、そりゃごもっともですよね。さてさて私の返答は
治りません。
この時のお顔は、驚いていました。なんとかなると聞いてきた整体院で、いきなり治りません。って言われてもねぇ。
でも事実はしっかり言わないといけません。私の経験上、変形した脊柱管は手術以外では元にもどらないのです。
でも・・・ゴルフは出来るようになりますよ。1年、時間を私にください。様子次第では半年でいけます。

そうするとその方は・・・
わかりました、1年間、先生の言う通りにします!

まぁ現状、動くのも辛いのだから、ゴルフなんて出来るようになるのか?って不安だらけだったと、後から聞きました(笑)

最初は病院処方の痛み止めを1日3回服用(処方通り)。飲んでも痛いようでした。
そこで、まず行ってもらったのが、「治してもらう」ではなく、改善するよう行動をおこす。
という事です。
簡単に言えば、痛いことはやらない、でも動けること、出来る事は優先してやる。

それから3ヶ月がたとうとした頃、まだまだ姿勢は曲がっていますし、しばらく歩くと休まなければならない。
この時の距離は500mくらいになっていたそうです。
でも痛み止めを1日1回飲めば痛みを感じなくなっていました。

ここからは、プールに週1回通ってもらうことにしました。水中ウォーキングですね。
無理のかからない状態で、前、後ろ、横歩きをしてもらいます。時間もその方の状態に合わせて。

身体を捻れるようになった頃、仕事でどうしても外せないゴルフがあるとか。
18ホールはきついと思いますよ。と釘を刺し、いざゴルフへ。
16ホール回れたそうです。
ご本人はなんとかできた!と喜んでいましたが、かなり無理をした状態でした。

10ヶ月たった時には、痛みもなく、ゴルフも普通に回れるようになりました。
姿勢も以前(腰痛が出る前)よりも良い姿勢になりましたよ。

で、1年たったので、病院で再検査をしてもらう事になりました。
さてどうでしょう・・・

ハイ!脊柱管狭窄症です。(笑)
しかし、面白いのは、動的検査(足をあげたりするやつ)はすべて異常なしに。
なぜ現象はあるのに、症状がないのか。それはまたの機会に記載します。


日常生活が、快適になったら、それは改善したと思っていいのではないでしょうか。
それは、施術者がとやかく言うことではなく、受け手がどう思うか。
ですよね。

 
BR神田均整院予約制

【別枠で開きます】お問い合わせフォーム
【別枠で開きます】ご予約フォーム

〇営業日 火曜日〜土曜日
〇営業時間 10:00〜19:00〈土曜日17時)
〇住所 千代田区内神田2-14-13 睨Д咼襭干
〇電話 03−6206−8106
ホームページ◆BR神田均整院◆
 

首の骨に異常がある?

症例メモ comments(0) - 高柳@身体分析家
首の骨に関する症状というと、「ストレートネック」「頚椎ヘルニア」などがあげられますね。
そして首が痛い、腕がしびれるなどの症状を訴える人が多いと思います。

あ、そうそう腕のしびれが首と関係があるという事を知らない人が多くいらっしゃるので、簡単にご説明します。
首の骨は7つありますが、首から出ている神経は8つあるのです。

その理由は、首の骨の神経は骨の上から順に生えています。で、7番目の下から8つ目の神経が出ているのです。
ついでにいいますと、胸の骨の神経は下から生えていますので、胸椎は12個あるので、神経も12本となります。

首に話は戻りますが、首の神経と腕との関係はおおよそこのようになっています。
頚椎4番神経が肩の上部分、頚椎5番神経が肩を少し下がった部分、
頚椎6番神経が腕の親指側、頚椎7番神経が肘から中指、頚椎8番神経が小指側となっています。

腕のどのあたりがしびれるかによって、頚椎のどの部分に異常があるのかがわかる仕組みになっております。

一般的にストレートネックとはムチウチ状態になっていることを言います。
どういう事かというと、頚椎とは正常な場合、湾曲しているものなのです。
横からみると頚椎4番目が前方に出ているように見えます。それが正常なのです。
この4番目の骨が背中側へ飛び出てしまうと、湾曲がなくなり、まっすぐな首になります。
そうしますと、頚椎4番神経または5番神経、もしくは両方が圧迫され症状があらわれます。
すると上記の通り肩の上周りから肩の少しさがった所にコリやしびれを伴います。

これは骨のズレから肩コリがでましたが、その逆もあるのです。
肩がこっている方は、筋肉が先にコリ、そこから関係している頚椎4番、5番神経に影響を及ぼして
首が痛い!という症状が現れます。

どこが原因で、どういった症状が出ているのか。ということを見極めると、改善の方向が見えてきます。

同じ肩コリといえども、原因箇所が違うことがありますので、体操で肩コリが良くなる人もいれば、良くならない人もいるのは
当たり前のことなのです。

ついでに言いますと、痛い部分が歪みの原因ではないことが多いです。
例えば、首が痛いという方の場合、骨盤を調整することが多いです。
それは頚椎4番に異常があると、腰椎1番にもズレがおきていることが多いからです。
痛みは首の4番あたりにあるときでも、腰の1番が原因の時は、この腰を調整しないかぎり
首はすぐに痛みが出てしまうのです。

これは1箇所だけの簡単な例でしたが、人の身体は複雑なので、このような関係性が縦横無尽に走っております。

あなたの頭痛は、首が原因ではないかもしれませんね。

身体を見極め、自分でコントロールする。これが大切なのです。



 
BR神田均整院予約制

【別枠で開きます】お問い合わせフォーム
【別枠で開きます】ご予約フォーム

〇営業日 火曜日〜土曜日
〇営業時間 10:00〜19:00〈土曜日17時)
〇住所 千代田区内神田2-14-13 睨Д咼襭干
〇電話 03−6206−8106
ホームページ◆BR神田均整院◆
 

頭痛の原因は?

症例メモ comments(0) - 高柳@身体分析家
現在頭痛罹患数はどのくらいいると思いますか?
いろいろな資料はありますが、正確な数字は出ていないのが現状らしいです。3000万人とも5000万人とも言われています。
その中で、良く聞くのが、偏頭痛ですね(病院では片頭痛に統一されています)、女性に多く、閉経までとされていますが、実際はどうなのでしょう。
もう一つが緊張型頭痛ですね、肩こりなどの筋肉の緊張によるものと言われています。

偏頭痛の原因は、血管の過度の収縮や拡張とされていますが、根本は不明なのです。
緊張型頭痛の原因は、筋肉の緊張(コリなど)により、やはり血管の収縮や拡張が・・・
と言われていますが、ならば、肩こりの人が全員頭痛もちじゃないとおかしくありませんか?
もちろん、肩こりから頭痛になる方もいらっしゃることは事実です。ですが、緊張型の原因がすべて筋肉のせいというわけではないと私は思っています。

逆の言い方をすれば・・・緊張型頭痛の人は肩も凝っている。といえます。
この場合、肩こりを治しても、頭痛改善には繋がりません。

身体のどこに歪みがあるのか、それを読み解くことが解決への糸口です。
例えば、当院にお越しいただいた方の原因を少しあげると・・・

〇 足首の捻挫癖による平行バランスの欠如
〇 おなか周りの不調による前後バランスの欠如
〇 過度な捻り運動による腰の捻れバランスの欠如

などがありました。これはごく一部ですが、
こんなことが頭痛の原因になっていたなんて、ご本人たちも信じられないようでしたが、それらの症状が消えるといつのまにか頭痛がなくなっていると気づいて頂けました。

このようないろいろな方の統計をとって分類したのが、頚椎分類、筋肉分類、神経分類です。
詳細はまたの機会に記載します。
 
BR神田均整院予約制

【別枠で開きます】お問い合わせフォーム
【別枠で開きます】ご予約フォーム

〇営業日 火曜日〜土曜日
〇営業時間 10:00〜19:00〈土曜日17時)
〇住所 千代田区内神田2-14-13 睨Д咼襭干
〇電話 03−6206−8106
ホームページ◆BR神田均整院◆
無料ブログ作成サービス JUGEM