治りません!・・・だけど(脊柱管狭窄症編)

症例メモ comments(0) - 高柳@身体分析家
こんにちは。
当院は症状名につきまして、何も治りません。これは事実なので、「な・お・る」とは言えないのです。
では、どうなるかというと・・・。


今日は60代男性のお話です。

去年の春の事、定期的に通ってくださっている方からのご紹介で、はたから見てもおかしいくらい腰が曲がっている方が
こられました。

お話を伺うと・・・
10月くらいに腰痛が出始めて、病院で痛み止めやら消炎剤などをもらい服用。12月には、腰が曲がり始め

年があけて1月2月は激痛、4月に当院へ。

「病院で、脊柱管狭窄症と言われた。手術しか方法がありませんと言われ、でも仕事を休むわけにはいかないので、
なんとかして欲しい!」

との事。
しかしこの方、すごいんですよ。かなりの激痛で、立ってても座っても横になっても痛いんです。
楽な姿勢がないんです。すごいですよね。これで仕事いってるんですから。
立ち姿勢は、ほぼ前傾に60度。
50mくらい歩くと休まないと先に進めない。これって脊柱管狭窄症の特徴で、間欠性跛行といいます。

最初に姿勢のチェックをして、まぁ前傾なのはすぐに分りますが、後ろからみると、腰が右側にでっぱっています。
T11(胸椎11番)に捻れが生じているんですね。

一通り、お話を聞き終わると、その方のご希望は、
ーりますか?
⊆蟒僂呂靴燭ない。
(知人がこの症状で手術をして、半年たっても杖を使っているとかで、信用がないらしい)
仕事は休みたくない。
ぅ乾襯佞またやりたい。


ふむふむ、そりゃごもっともですよね。さてさて私の返答は
治りません。
この時のお顔は、驚いていました。なんとかなると聞いてきた整体院で、いきなり治りません。って言われてもねぇ。
でも事実はしっかり言わないといけません。私の経験上、変形した脊柱管は手術以外では元にもどらないのです。
でも・・・ゴルフは出来るようになりますよ。1年、時間を私にください。様子次第では半年でいけます。

そうするとその方は・・・
わかりました、1年間、先生の言う通りにします!

まぁ現状、動くのも辛いのだから、ゴルフなんて出来るようになるのか?って不安だらけだったと、後から聞きました(笑)

最初は病院処方の痛み止めを1日3回服用(処方通り)。飲んでも痛いようでした。
そこで、まず行ってもらったのが、「治してもらう」ではなく、改善するよう行動をおこす。
という事です。
簡単に言えば、痛いことはやらない、でも動けること、出来る事は優先してやる。

それから3ヶ月がたとうとした頃、まだまだ姿勢は曲がっていますし、しばらく歩くと休まなければならない。
この時の距離は500mくらいになっていたそうです。
でも痛み止めを1日1回飲めば痛みを感じなくなっていました。

ここからは、プールに週1回通ってもらうことにしました。水中ウォーキングですね。
無理のかからない状態で、前、後ろ、横歩きをしてもらいます。時間もその方の状態に合わせて。

身体を捻れるようになった頃、仕事でどうしても外せないゴルフがあるとか。
18ホールはきついと思いますよ。と釘を刺し、いざゴルフへ。
16ホール回れたそうです。
ご本人はなんとかできた!と喜んでいましたが、かなり無理をした状態でした。

10ヶ月たった時には、痛みもなく、ゴルフも普通に回れるようになりました。
姿勢も以前(腰痛が出る前)よりも良い姿勢になりましたよ。

で、1年たったので、病院で再検査をしてもらう事になりました。
さてどうでしょう・・・

ハイ!脊柱管狭窄症です。(笑)
しかし、面白いのは、動的検査(足をあげたりするやつ)はすべて異常なしに。
なぜ現象はあるのに、症状がないのか。それはまたの機会に記載します。


日常生活が、快適になったら、それは改善したと思っていいのではないでしょうか。
それは、施術者がとやかく言うことではなく、受け手がどう思うか。
ですよね。

 
BR神田均整院予約制

【別枠で開きます】お問い合わせフォーム
【別枠で開きます】ご予約フォーム

〇営業日 火曜日〜土曜日
〇営業時間 10:00〜19:00〈土曜日17時)
〇住所 千代田区内神田2-14-13 睨Д咼襭干
〇電話 03−6206−8106
ホームページ◆BR神田均整院◆
 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM