ドーパミンとセロトニン

からだのあれこれ comments(0) - 高柳@身体分析家
いつでもがんばっている方は、ドーパミンがたくさん出ていてやる気に満ちています。
しかし、疲れていたり、どこかに不調があってもわかりにくい。

気が付くとすごい激痛になっていたり、動くのも大変なくらいだるくなったりしてしまいます。

いつもほんわかしている方は、セロトニンがたくさん出ていて、なんとかなるさーとかマイペースな方が多いようです。

このドーパミンとセロトニン。どっちが多くてもあまり良い状態とは言えません。

互いに干渉しあう分泌物なので、ある程度バランスがとれた状態が好ましい。

最近では仕事に追われ、やりがいに後押しされ、からだをりきんで、一生懸命の方や
趣味で始めたはずが、いつのまにか義務になってしまい、頑張っている方
家庭のためと、自己犠牲を余儀なくされ、家事育児が楽しめなくなっている方など

みなさん、気忙しい方が多くみられます。ドーパミン優位状態ですね。
そうすると、からだの不調が現れても、『まだ頑張れる!』と気合を入れなおし、
気づかないふりをしてしまい、慢性化したり、急激な痛みなどが出てしまう結果になります。

ときおり休息は必要なものなのですが、もう休み方を忘れてしまっている。

からだの力を抜くという事を忘れてしまっている。



そんな方が、うちの施術を受けると、終わるころには、異様な眠気に襲われるそうです。
ただ単に、からだの中のドーパミンとセロトニンのバランスがとれただけなのですが、
からだにとっては、『やすみなさい!』って合図が出てしまう。

2,3回施術を受けていただくと、バランスもとれだし、今まで、しっかりと夜眠れていなかったんだ。
という事に気づいていただけます。

やる気はあるけど、気負いしていない状態にもっていけるのです。



逆に、やる気がでなくて、からだのダルさに悩まされている方は、セロトニンが優位になっています。
その方たちは、施術が終わると、目がシャキーンとしてきます。

で、やはり夜に眠れていなかった事に気づくわけです。


こちらとしては、やり方は多少違えど、向かう先は同じ事をやっているにすぎないのに、人によっては、眠くなり
人によっては、目がシャキーンです。

バランスって大切ですね。
でもこの神経伝達物質は、コントロール(抑制)できるものではありません。リバイタライズ、すなわち活性化してあげれば、
勝手にバランスを整えてくれます。

からだの細胞だって、いきいきしたいんです。悪くなろうなどと思っている細胞なんて、ありません。
よい方向にベクトルが進めば、あとは勝手に良くなっていきます。

頑張る必要はないんです。

って、お話でした。
BR神田均整院予約制

【別枠で開きます】お問い合わせフォーム
【別枠で開きます】ご予約フォーム

〇営業日 火曜日〜土曜日
〇営業時間 10:00〜19:00〈土曜日17時)
〇住所 千代田区内神田2-14-13 睨Д咼襭干
〇電話 03−6206−8106
ホームページ◆BR神田均整院◆

 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM