頭痛:30代:女性:痛みの強いときは吐き気まである

症例メモ comments(0) - 高柳@身体分析家
今回の方は、3年前より頭痛に悩まされ、ひどい時は毎日のように痛みがあり吐き気までおこし、頭痛薬が手放せないという方でした。

初見は、C3の右変位、僧帽筋のはり、胃の不調。よって複合タイプです。

1回目:不調改善コース:胃の不調を腹部調整し、僧帽筋の張りを緩和させます。首はさわらずです。
2回目:不調改善コース:3週間後に来院、この3週間頭痛はなく薬を忘れるほどとのこと。前回の施術にくわえ、C3変位がまだ残っていたので調整。
3回目:骨格調整コース:相手都合により少し遅れて5週間後に来院、先週3回痛みが出たとのこと。吐き気まではこず。筋緊張と自律神経の乱れを調整。

このまま継続していけば解放されることでしょう。

今回の原因は、ストレスにより胃に不調がおきて、姿勢が気づかない程度でしたが前傾していたことでした。
胃に直接痛みが出ればご本人も気づくことが出来るでしょうが、食後にもたれる感じのみだったため、軽視していたようです。
このように、頭痛の原因が頭にあるとは限りません。
まずは原因の究明が大切です。
 
BR神田均整院予約制

【別枠で開きます】お問い合わせフォーム
【別枠で開きます】ご予約フォーム

〇営業日 火曜日〜土曜日
〇営業時間 10:00〜19:00〈土曜日17時)
〇住所 千代田区内神田2-14-13 睨Д咼襭干
〇電話 03−6206−8106
ホームページ◆BR神田均整院◆
 
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM